筆者は北京で旅行を学ぶ大学院生。妻は中国人。明るい話題の少ない日中関係ですが、将来に向けて建設的な提案を行なっていけたらと思ってます。末永くよろしくです。
by t-kume
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


中国自動車学校奮戦記

久々の更新です。
今回は中国の教習所奮闘記をば。

自動車の免許を取ろうと思い立ったのは、去年の9月。
会社が遠い事と、嫁の実家へ帰省が便利な事が理由でした。
インターネットで近くの教習所を探し、電話で申し込みをしたところ、、、
「北京で外国人を受入れてる教習所は一箇所だけです。うちでは無理です。」
との事。

仕方なく家からむちゃくちゃ遠い、その学校へ申し込みに行きました。
が、普通コース(3500元=5万円強)を希望したのに、
「外国人は、特別コース(8000元=約12万円)と、VIPコース(12000元=約18万円)しか受けられません。」
との事(怪しいマッサージ屋の料金体系みたいです…)。

「差別だ」と憤りましたが、「決まりだ」の一点張りなので、
仕方なく2つのコースの差を尋ねると、「VIPは毎日家まで送迎車が出ます」との事。
「他には?」と尋ねると、「別に…」との事。
「でもたとえ毎回タクシーで往復しても、差額の4000元はかかりませんよね?」の問いには、受付のお兄さんが沈黙いたしましたので、あえなく特別コースでの申し込みになりました。

結果から言うと、普通コースにしなくて幸いでした。
普通コースはなんと、「学生:3~4人、教官:1名、車:1台」。
一日4時間通ったとして、練習できる時間は実質1時間強。効率が悪いことこの上ない感じを受けました。
あと、特別コースの学生は、混合う週末でも車をキープしてもらえます。
本来は、10日前に予約を入れなければ週末は一杯なのですが、かなり無理を通してもらいました。
他の教習所で「普通コース」に通ってる同僚は、去年4月から通ってるのに、未だに終わらないとかぼやいてましたし。

さて、中国の教習体系はこんな感じです。
日本のを知らないのですが、大体おんなじかな?

交通規則講習(教室)

交通規則試験

教習所内で練習(基本動作、坂道発進、縦列駐車、車庫入、等)

教習所内試験

公道で練習

公道試験

免許交付

外国人には教室での交通規則講習が免除され、代わりに教科書(10ヶ国語に翻訳されてました)を渡すから、試験の日までに自習して来いとの事。
これは、週末以外時間が取れない僕には福音です。
中国語を読むのも面倒なので、日本語の教科書を注文したのですが、これが失敗でした。

全て三択問題なのですが、誰が翻訳したのか、日本語がさっぱり判らない。

<問題1>
車を運転する時に、車を支えながら運転する人がいる場、運転手はどうすればよいか?(誤字そのまま)
<選択肢>
A.加速し置き去りにする。
B.急に停車する。
C.ゆっくり停車する。

正解はC.です。問題の意味は今もって判りませんが、正解は判ります。
次の問題。

<問題2>
機動車が正常のまま高速道路を走行する時、守るべきな規定は以下のどれであるか?
<選択肢>
A.車道境界線・追い越し変更線をまたがったり、押したりして走行することができる。
B.ランプ・加速車道・減速車道で追越しをすることができる。
C.右側(注:中国は右側通行)で追越しをすることができる。

正解はB.です。ランプなんかで追越ししていいのかどうか判りませんが、
いや、多分翻訳ミスか回答の入力ミスだと思うんですが、
そもそも「守る“べき(=must)”規定」と「“ことができる(=can)”」では、言語的にアンバランスなんですが、
何はともあれ、正解はB.です。

試験に出る問題集として渡された教科書がこの調子なので、
とりあえず教科書一冊分の問題文と、それに対応する回答を丸暗記するしかない。

得意の記憶力を活かして、筆記試験に臨んだものの、一回目は89/100点(90点で合格)。
あと一点で合格だったため、<問題2>でAを選んでいた私は、試験官(=警官)に30分におよぶ激烈な抗議を行なったんですが、
「私は日本語が判らない」
「今まで抗議してきた日本人がいないので、君の言ってる事が信頼できない」
「お前、それだけしゃべれるなら、中国語で受ければ良かったんだ」
と開き直られる始末。
中国人の態度の悪さはもちろん、抗議してこなかった軟弱な日本人の先輩達にも失望し、あえなく撃沈となりました。

二回目は99点でリベンジを果たし、晴れて教習所へ。
ここの教習所、「北京で唯一外国人を受け入れてる」だけあって、食堂の飯はうまいし、スタッフのサービスはいいし、教習車はきれいだし、なかなかお勧めです。

教習については、日本とほとんどいっしょなんだろうし、取り立てて書く事はないかなあ。
唯一違うと思われるのは、毎回のように教官が、「CDヲ聴キタイノダガ、ヨイカ?」と聞いてくるところ。というわけで、毎回歌謡曲を聴きながらの練習となりました。

あと、試験の前に補講をしてくれたのですが、その補講内容が圧巻でした。

※車に乗る前に、車の周りを一週回って、タイヤや車体に異常がないか確認しなさい。
 下を向いてくるっと回るだけでいいから。

※車に乗ったら、試験官(警官)に、「よろしくお願いいたします」と言いなさい。

※バックミラーは必ず触りなさい。調節する必要があってもなくても、調節した振りをしなさい。

※横断歩道を越えるときは、必ず首を左右に振って、歩行者確認をした事を示しなさい。
 眼球だけで確認しても、試験官は認めてくれないから。

※なにか失敗したら、とにかく腰を低くして警官に取り入りなさい。


根が従順な私にとっては、これくらいは朝飯前でございました。
そんなこんなで、金曜日(4日)に、晴れて最終試験にパスいたしました。
5営業日後(11日)に免許が発行されるようで、楽しみです。

落ちはありません。ごめんなさい。
[PR]
by t-kume | 2008-01-06 23:45 | 日記・随筆
当爸爸了!! >>